『あの夏、一番静かな空』

あの夏

<あらすじ>
堅実な生活を夢見る高校生『芹沢 中祐』は、超古代文明の遺産である超重量子決戦甲冑『ジガント・ラッソ』の起動モジュール『ラーテ』と契約し、地方都市『万城目市』に侵攻しようとした『第六帝国』の最初の野望を挫く。
しかし世界征服という飽くなき野望を抱く第六帝国は、芹沢中祐の間近にも侵略の魔の手を伸ばしていた・・・・・・・。

<解説>
『実相寺アングルッッッ!』
という訳で、本作は作者が抱いている特撮とSFへの偏った愛を中心に描いた物で、その証拠にサブタイトルが特撮系のサブタイの改題で、登場人物の名前も特撮映画から持ってきております(タイトルは邦画からだけど)
内容は、友人との雑談で生まれたといういいかげんな経緯を経ていたので、ディテールは少しこだわりました。
例えば情景は、以前尾道方面に出張した時、目の前に山と海と水路がある風景、連絡船から出てくる高校生達の姿が魅力的に過ぎたので、その世界の中でせせこましく巨大ロボットが動くと楽しいだろうなぁ、と言う妄想から想像し、設定を作りました。
地方都市での地球防衛という内容は良くある物なので、その点は侵略という重大事件にも関わらず普段の生活の延長線上でしか物事を見ない一般市民からの視点を織り交ぜて、出来る限りコミカルにしたつもりです。

その他のこだわりのガジェットとしては、『統計史学』があります。これは『ファウンデーション』のハリ・セルダン先生の「心理歴史学」の模倣だったりします。数学的に未来が予想できるのが「心理歴史学」ならば、過去も予想できるだろうと言う安直な発想から作りました(アシモフの「心理歴史学」は、古典物理学に立脚していて量子力学的な視点が足りないのではないかという疑念もあったので、『統計』の文字が入っていたりもします)

超重量子決戦甲冑に関しては、素直にロボット云々と付けなかったのは契約者が着る様な状態になって初めて動くと言う意味合いを込めて『甲冑』が入っています。まあその割には、勝手に動き回ってる気もする連中ですが。
因みに妄想の中では、超重量子決戦甲冑は、基本的にMHでした(今はGTMと言うらしいですね。時代の流れを感じます<笑) そして『ジガント・ラッソ』はテロル・ミラージュがイメージだったりします。

第六帝国のメカ達は、基本的に異文明の遺産という面を強く出したいと思ったので、外見が変で、意外に動かしやすく、そして制御しにくい設定にしました。時代も発想も違うのにアルゴリズムが同じというのは考えにくい物の、素数とか、ピタゴラスの定理みたいな普遍的な発想は共通であろうという想像から、表示が特殊になっています。操縦云々に関しては、人間の姿形は前氷河期でも変わっていない(ソースはドラえもん。七万年前にはギガゾンビががが)設定なので、進んだ文明ならば当然ユビキタスなインターフェースになるだろうと言うスタートレックも顔負けの安易極まりない発想が元になっています。
ただ所詮は古代文明の遺産なので、基本的操作は不明というのが根底にあり、そこがラストの「フォルトレーザ」戦の顛末に繋がっている訳です。

そう言う訳で趣味に走りまくった作品なので、書いている時はネタを仕込む意味でも非常に楽しかったです(爆)
今回もF本さんの魅力的な表紙&挿絵が作品の価値を幾層倍に高めたと思っております。ラーテと琴羽ちゃんのデザインには感謝感激雨あられでございます。




・・・・しかし『実相寺アングル!』は、『宇宙家族カールビンソン』のオマージュとかマニアックすぎて誰も気付かないんだろうなぁ~(ジッソー君とかアレなネタだよな)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

副墨亭主人

Author:副墨亭主人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR